デイサービスに必要な介護ソフト|請求業務から管理まで

婦人

介護事務の効率化

手

介護における事務の仕事とは何か

一口に介護事業といってもその仕事の内容は、老人介護や訪問介護、デイサービスなどさまざまあるのです。介護事業における事務の内容とは職員のシフト管理やヘルパーの派遣、介護者に対するサービスの確認やデイサービスがあれば配車の管理などがあります。また、介護事務で重要な仕事が介護報酬を請求する作業となります。この介護報酬の請求とは介護費用の9割は国が負担することになっているのでそれを請求することになります。この請求業務を間違うことはやり直しとなりとても大変なことなのです。そのほかにも、事務所によって請求事務があります。また、実際の介護の現場では職員やパートが介護の実績をすべて記録をしなくてはならないのです。これらの事務をすべて手書きで行うことはとても大変なことになるので、介護ソフトを導入することは事務の簡素化につなげることができるのです。

介護ソフトを導入しよう

介護事業所などで実際に介護ソフトを導入したところでは、事務に費やされる時間が削減されたなどの声が寄せられているのです。介護ソフトを導入することで、毎月の介護報酬の請求や職員のシフト、休みの管理など管理することができるのです。また、デイサービスをしている事業所では曜日ごとの送り迎えの管理や、職員がと担当する介護者を一元で管理することができるのです。変更があってもパソコンやタブレットなどですぐに変更することができるのです。ソフトを導入したからといって、パソコンが苦手な職員でもすぐに覚えることができるという利点があります。タブレットであればタッチするだけで操作が出来るのです。介護事務が簡素化し事務作業の効率が上がることで、介護者に対するケアを余裕をもって行うことができるようになることが一番のメリットといえるでしょう。これから介護ソフトの導入を検討している事業所では、その事業所に合ったソフトを検討するとよいでしょう。

機能性とコストのバランス

シニア男性

介護ソフトは請求業務以外にもいろいろなことができます。例えば、介護者の生活やケアプランをを記録することができ、個人の生活習慣の見直しを考える際にも活躍します。介護ソフトは機能性とコストのバランスが大切です。

Read More

介護に便利な施術ベッド

介護

施術ベッドはいろいろな場面で使われますが、介護施設や自宅での介護にも活躍します。リクライニング機能がついたベッドは食事の時やベッドからの乗り降りを補助してくれます。

Read More

需要が高まる介護ベッド

老夫婦

介護ベッドは介護される人だけでなく、介護する方にとっても作業しやすくなるため介護には必需品です。最近ではレンタルで介護ベッドを利用することも出来るようになってきたので手に入れやすいでしょう。

Read More